ほうれい線は美容外科で治療できる|ヒアルロン酸を注入しよう

女性

現れる原因を知ろう

目元

目の下にクマがあると老けて見えてしまいます。そんな目のクマには病気が隠されていることもあるので、なかなか消えない場合は医療機関へ行きましょう。単純な血行不良やくすみが原因であれば美容外科で治療ができます。

詳細へ

レーザーやIPLが効果的

女の人

肌の表面に出てくるしみやくすみは東京にある美容外科で治療できます。しみ治療に使われるのがレーザーやIPLの光で、それらを当てることでメラニン色素を破壊するのです。

詳細へ

老け顔対策

女の人

顔の印象が老けて見えるという場合に目立っているのが顔のシワです。目尻や眉間、口元などにシワがあると老けて見えてしまうでしょう。また、老け顔の1番の要因といわれているのが鼻の横から口元にかけて伸びているほうれい線です。このほうれい線は、歳を重ねて肌の弾力が失われた結果深く刻まれてしまいます。ケアをせずに放置していても伸びることはなく、どんどん目立つようになってしまうでしょう。老け顔になりたくない、若々しい顔でいたいという場合は日頃からしっかりとほうれい線の対策を行ないましょう。対策としてできることが、有効な成分の入った化粧品を使うことやリフトアップをするためのマッサージでしょう。それらで予防やある程度の改善をすることができます。対策を行なっても深く刻まれたほうれい線が綺麗にならないという場合は美容外科で治療を受けることもできるのです。

美容外科ではほうれい線を薄くするためにいろいろな治療を行なっています。代表的な治療はヒアルロン酸を注入することでしょう。ほうれい線のできている部分にヒアルロン酸を注入して膨らみを出すという方法です。ヒアルロン酸は肌に弾力はハリを与えてくれる大切な成分で、人の体内にもともと存在しているので副作用の心配もありません。そんなヒアルロン酸を真皮の部分に注入して溝になっている皮膚を持ち上げるのです。即効性に優れている治療方法で、施術時間も10分前後と短いのが特徴です。また、治療した後はすぐに洗顔や化粧をすることもできます。

原因を知って治療する

女性

歳を重ねると目立つのが顔のしわです。しわができる主な原因は紫外線や加齢、乾燥などでしょう。それらが大きな要因となって弾力が失われてしまいます。美容外科ではヒアルロン酸やボトックス注射で改善できるでしょう。

詳細へ