ほうれい線は美容外科で治療できる|ヒアルロン酸を注入しよう

婦人

原因を知って治療する

女性

目尻や眉間、口元や額など、歳を重ねると顔の至るところに出てくるのがしわです。しわにはいろいろな種類があり、目尻にある細かいものから、深くて目立つ大きなほうれい線まで様々です。これらが現れると実年齢より老けて見られてしまうこともあります。若々しさを保ちたいという人はしわを作っている原因が何か考えて対策を行なうようにしましょう。しわの主な原因といわれているのが加齢や紫外線、乾燥などでしょう。歳をとると筋肉が衰えて皮膚がたるみ、しわになることがあります。また、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンという肌の弾力やみずみずしさを保つ成分の生成が少なくなることも原因になっているでしょう。若い頃はたくさんそれらの成分が生成され、弾力のある肌を保つことができました。しかし、加齢で生成が少なくなり弾力が失われるとしわになった部分が元に戻らなくなってしまうのです。紫外線が原因の場合も、肌の老化を促進したことで弾力が失われしわになってしまいます。乾燥が原因になる場合、みずみずしさが失われ弾力がない硬い皮膚になってしまうでしょう。

しわのない綺麗な肌を手に入れたいという場合、美容外科や美容皮膚科で治療をすることができます。よく美容外科で行なわれているのがヒアルロン酸を注入するという方法です。肌に弾力を与えるヒアルロン酸を真皮に注入して皮膚に膨らみを与えるのです。また、表情筋による眉間や額のしわを治すのに効果的なのがボトックス注射というものです。この注射を打つことで筋肉がゆるんで症状が改善できます。