ほうれい線は美容外科で治療できる|ヒアルロン酸を注入しよう

婦人

レーザーやIPLが効果的

女の人

年齢を重ねると頬の辺りに浮かび上がってくるのがしみです。顔のしみは、長年浴びた紫外線の影響やストレス、ホルモンバランスの崩れなどが主な原因になっています。そのなかでも特に大きな要因なのが紫外線でしょう。紫外線は太陽光に含まれていて私達の肌にダメージを与えるものです。紫外線が肌に当たると細胞を刺激してメラニン色素を作り出すのです。若い頃は肌の生まれ変わりが早く、色素が定着する前に剥がれていきます。しかし、歳を重ねると生まれ変わりよりも色素が作られるスピードの方が早くなってしまうのです。このように定着してしまったメラニン色素はくすみやしみとなって肌の表面に現れます。そんなしみを治すためには東京や大きな都市でしみ治療を行なっている美容外科へ行くといいでしょう。

東京やその周辺でしみ治療を行なっている美容外科はたくさんあります。そこではレーザーを使ってしみ治療を行なうことができるのです。東京の美容外科でしみ治療に使われるレーザーは、メラニン色素だけに反応する特殊なものです。そのレーザーは肌にあるメラニン色素を破壊してしみやくすみを徐々に薄くしてくれるのです。一度の照射でもある程度薄くすることができますが、色の濃いしみの場合は5回前後の照射をすることで肌が綺麗になるでしょう。また、レーザーだけでなくIPLと呼ばれる光を用いてしみ治療を行なう東京の美容外科もあります。IPLの光は肌全体に効果を与えるのでしみ治療としてだけでなく、肌のアンチエイジングにも使われています。